白龍神社(箱根)

白龍神社(箱根)

白龍神社は、白龍(はくりゅう)大神をお祀りする神社です。

どんな神社?

所在地:
箱根町元箱根和田ノ角(箱根樹木園内)
▶︎箱根へのアクセスは箱根の旅行 旅のしおりにて

由緒:
「白龍」とは、その昔、箱根権現にお祀りされていた「白和龍王(しろわりゅうおう」のことで、社伝によると、白和龍王は、江戸時代末まで左鵲王(さじゃくおう)と右鵲王(うじゃくおう)と呼ばれる神々と共に箱根権現でお祀りされていた龍神と伝えられます。(『筥根山神道口訣』はこねやま しんとう くけつ)

ご祭神:
白龍大神

例祭日:
6月13日

境内の様子


九頭龍神社本宮に程近い箱根樹木園内に鎮座します。
ご祭神にちなんでか、鳥居や社殿は白色を基調としています。


「白龍神社」の標柱。
この標柱は、白龍神社 社殿の背後にあります。
標柱の立つ舗装された参道を進み、社殿横から回り込むようにして進むと社殿正面に行くことができます。