大分の旅1. 御許山

福岡の旅行4.宮地山〜在自山の翌日、車で大分県 宇佐市へ向かいました。
今日は大元神社(宇佐神宮の奥宮)、宇佐神宮に参拝します。

3年前に宇佐神宮を参拝した折、宇佐神宮の奥宮の存在を知り、いずれ機会あるときに行ってみたいと思っていました。
なお、宇佐神宮の奥宮は、今は大元神社と呼ばれています。


宇佐神宮 上宮にある大元神社遥拝所(2015年に撮影)

看板に、この窓から御許山が見えるということが記されています。

左手奥に見える山が、宇佐嶋とも呼ばれる御許山(馬城峰)です。宇佐神宮発祥の聖地として摂社大元神社が鎮座し、現在でも毎月の祭祀が厳修されています。



御許山を望む(2015年に撮影)
案内板の「左手奥に見える山」というのが、向こうに見えました。

今日はとうとう、大元神社に参拝します。
さっそく、大元神社が鎮座する御許山(おもとさん)を目指しましょう。

東九州自動車道 宇佐ICから安心院(あじむ)に抜ける県道658号線を30分近く走ります。
道路左側にカレー屋さんの看板、右手に恵良酒店がある所で左の道に入り、山を上がって行きます。


県道から山道に入る交差点


交差点そばの標柱
狭いですが舗装されている車道を約2km上がって行くと、「正覚寺参道」登山口に着きます。

正覚寺口登山口


ここからの山道は「正覚寺(しょうがくじ)参道」と呼ばれ、大元神社まで40分ほどの道のりです。
いくつかある御許山の登山口の一つが正覚寺口で、車を降りてから歩く距離が一番短い登山道です。
ここに数台分ですが、車を止められるスペースがあります。


いよいよ山道を登り、大元神社を目指します。


杖に使ってくださいと書かれた、木の棒が置かれています。


登り始めてまもなく、林の中、やや急な斜面を上がります。


途中には石仏も。
御神酒が供えられています。


湧き水が流れる所も



 


JR日豊本線 西屋敷駅方面から上がってきた道との合流点には、このような標識が掛けられています。


さらに登って行きますが、緩やかで幅も広く、歩きやすい道です。


やがて、そんなに広くはないですが、平坦な場所に出ます。
向こうからの道は宇佐神宮方面からの登山道で、ここで合流します。
ここを左に曲がります。


平坦地の向こうは、宇佐神宮などから来る登山道

さらに登山道を進んで、頂上付近に鎮座する大元神社を目指します。